デキ婚夫婦のライフスタイル

20歳でデキ婚した夫婦が2人で運営するブログです。2歳と0歳の男の子兄弟の育児奮闘記や夫婦の生き方を書いていきます。

結婚しても夫婦ごっこじゃ意味ないよ。本物の夫婦ってなに。

 

こんにちは!妻です。

 

子どもができた場合、次のステップとして「結婚」を考えますよね。

私たちもノリで書いたようなところはありますが、婚姻届を区役所に提出しました。

 

f:id:dekikonhu-hu:20170614150110p:plain

 

こういうのね。

(今の婚姻届、可愛いよね…♡)

 

こうして苗字が変わり、めでたく夫婦になるわけです。

 

あの時の私はこの行為で夫婦になったと思いこんでいました。

でも、夫婦になるにはやっぱり努力がいるということを感じたので、綴っていきますね。

 

ただ一緒に住んでいる人になっちゃだめ

 

結婚する覚悟を持つなら

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

この問いに対して、2人が「はい!」と答えられるような関係じゃなければ、良好な関係は続けられません。

でき婚した場合、流れのまま夫婦になってしまうので、この意思確認は大事です。

夫婦になるということは、お互いが1番の理解者であるということです。

そして幸せな時だけを一緒に過ごすのではなくて、辛い時も支えあえるような信頼関係をこれから作っていきましょうね、ということでもあります。

 

自分の気持ちを素直に言えなかった

 

私の性格もあると思いますが、「悲しい」「寂しい」とかはもちろん「◯◯だと思う」という自分の主張や意見すらも言えない人間でした。

 

それは、自分の意見はおかしいんじゃないか?って昔から思っていたからです。

相手に合わせていればぶつからないし、人間関係が楽だから、自分の意見を言わないまま、これまで過ごしてきました。

 

 

要は嫌われるのが怖かったんですね。

 

しかし、結婚生活をしていると深く相手と関わる必要がありますから、嫌でも意見を言わざるをえません。

 

なのに、言えない。

 

そうなると旦那さんもストレスが溜まってくるわけです。

 

もっと信頼してよ

 

信頼してほしい旦那さんと、信頼してるけど本音が言えない私。

旦那さんからしてみれば、本音を言えないのは信頼されていないようで悲しいみたいです。

 

私も少しずつでもいいから、自分の意見をいう努力をしようと決意。

 

最初はこれ言っちゃだめかな…ってことも、今ではバシッと言えるようになりました。

喧嘩もするときはします。

今までだったら喧嘩すらもできていなかった私。

喧嘩にネガティブなイメージがありましたが、自分の意見が通る通らないに関係なく、素直に想いを放てるのはとても気持ちがいいです。

 

本物の夫婦ってなに

 

本物の夫婦って、お互いの嫌なところも良いところも全部出し合える関係だと思います。

要は、信頼しているということです。

一緒に生きていくのに、遠慮とか我慢があったらとてもしんどいですよね。

 

私たちは結婚3年目になりますが、それでも全てさらけ出せているかと言われたら、できていません。

だからこそ、時間をかけて1人の人を理解していきたいという楽しみがあります。

 

みなさんはどんな夫婦関係を築いていきたいですか?

そこから話しあっていくのもいいですね。